三節 山間9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パロムの言葉通り、丘の上には人影が一つ立っていた。
「テラ……」
丘の上の人影-ー老人は確かにテラであった。
テラはダムシアンが落ちた日、唯一の血のつながった愛娘を失った。そしてゴルベーザへの
復讐を誓い、セシル達と快を分かった。以来消息は掴めぬままであったのだが。
「まさかこんなところで会えるとは」
セシルは率直な意見をこぼす。
「何と! セシルか!」
テラの方もまったくの同意見のようであった。
「あなたがテラ様!」
急にポロムが驚いたような声を上げテラの方にやって来る。
「へえ……爺ちゃんがあのテラか……」
パロムも驚いているが、直ぐに納得したのかテラを見ながらうんうんと頷いている。
「二人とも知ってるのか?」
「おうよ……ミシディアでは凄く有名だぜ。賢者テラ。創生期のミシディアを発展へと
導き、封印された古代魔法を解き、それを元に数多くの新しき魔法を開発した人物。今おいら達が使ってる魔法の幾つかも
このじいちゃんが造ったんだぜ」
今だ驚きを隠せずにいるポロムに代わりパロムが説明する。
まるで自分の自慢をするかの様な語り口だ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。