三節 山間10


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「へえ……凄いんだな」
「よしてくれ……セシル。それより、お前は何故この山に来たのだ?」
パロムの力説を遮るかのように訪ねる。
「はっ! はい、セシルさんは今からパラディンの試練をうけに来たのです。
それで私とパロムはそのお供をしております。あっ……申し遅れました私はミシディアの白魔導師
のポロムと言います。こっちは弟のパロムです。と言っても双子なんですけど……」
聞かれてもいないのにポロムが次々と一人で話始めた。
まだ完全に緊張がほぐれていないためか、会話は何処かぎこちない。
それでもテラを目前にして、喋っていないと落ち着かないのかさらに続ける。
「ほらっ、パロムちゃんと礼をしなさい」
「分かってるよ」
パロムはしぶしぶと言った感じでそれに従う。
「さっきポロムが紹介したと思うけど、パロムだ。よろしくな爺ちゃん
ちなみに黒魔導師だぜ」
「ちょっと、テラ様とおっしゃい。失礼よ」
パロムに注意するとテラに向き直る。
「でも本当……お会いできて光栄です」
「君たちはミシディアの子達か?」
「そうです。そもそも私達は長老の命令で……」
「あんちゃんの見張……」
横から手が伸びパロムの口を慌てたようにふさいだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。