FF6-Mt.koltz-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

象ほどの大きさを誇るゴルギアスや、毒性の触手をもつテラリウムなどのモンスターを相手にしつつ、
山越えを目指す一行は、山頂付近の吊り橋にさしかかった。
「エドガー…誰かがおれたちの跡をつけている。」
ロックが後方に細心の注意を払いながら静かに話し始めた。
「…帝国の手の者なのか?」
「いや、そんな気配は今のところない…が、かなり手強いことは確かだ。」
「…仕掛けてくるなら、もうそろそろだろう。」
コルツ山を越えるとサーベル山脈が連なり、さらに陸路を進むと、世界でも有数の商業都市、港町ニケア方面へと向かうことが出来る。
しかし、機械の発展と共に、造船分野が発達したため、各港からの海路で二ケアに向かう人が増えた。
以降、サウスフィガロ・二ケア間においても、時間も労力もかかる陸路は衰退していった。
現在では、コルツ山ふもと付近ならともかく、頂では人通りもほとんどない。
登山道も舗装されていないため、無造作に伸びきった樹木や岩がそこら中に点在している。
奇襲をかけるなら絶好の地理・地形だ。
吊り橋を渡り、開けた台地を通りがかったとき、エドガーの予想は見事に的中した。
一行の背後から一人の男が襲い掛かってきたのである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。