FF5 62 飛竜16


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ヒヒヒヒッ!焼け死にな!」
マギサは再び魔法の標的をファリスに戻した。
一瞬、ゆら、とファリスの視界が歪んだ。その光景は見覚えがあった。黒魔法『ファイア』。
しかしマギサの放とうとしているそれは、道中レナが放ったものより威力が大きいだろう。熱の感じ方が違う。ましてやこの
至近距離で受ければ剣で振り払うどころの問題ではない。全身丸焼きにされてしまう。
ファリスはほんの一瞬考え、そして、

「おおおおお!!」
マントで身を守りつつ、そのまま突進する。
直後、灼熱が全身を包む。ファリスならば二拍あればこの灼熱を突破し、マギサに肉迫できるだろう。火炎自体の殺傷力
は低い。一種の賭けではあるが、少ないダメージで接近できれば勝てると踏んだのだ。
だがこの炎はただの炎ではない。魔力で練られた、意志を持った悪意の火。執拗にファリスに纏わりつき、焼き尽くそうと猛る。

二泊、ファリスは灼熱を脱し、剣を振り下ろす。マギサは咄嗟に腰から短剣を抜き、剣を交えた。
押しつ押されつの均衡。本来なら腕力ではファリスに分があるのだが、ファリスは段々と力負けし、押されつつあった。
ファリスはファイアの炎に焼かれ、手足の神経が麻痺しかけていた。筋肉に力が入らないうえに、膝は震えている。
「ヒヒ・・・ヒ・・・」
「ちっ・・・しくった・・・!」
二人の視線が交わった。何が気に入らなかったかと言えば、マギサはファリスのその眼が気に入らなかった。絶望を知らない、
決して諦観しないその勇気が。
「アアアアア!」
力任せにファリスを押し倒した。仰向けに倒れるファリスの上に馬乗りになったマギサ、ファリスの眼はまだ絶望しない。
それに完全にキレたのだろう、素早く剣を振り上げ、ファリスの首に突き立てようと振り下ろす、
その直前

その腕を、死角から素早く接近したガラフが掴んだ。
「フンッ!」
マギサに防御体勢を取らせる間もなく、一本背負いの要領で空中に放り投げた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。