FF5 63 飛竜17


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一瞬我を忘れたマギサは、ハッとして空中で体勢を整える。
しかしもう遅すぎた。
マギサは今断崖へと向かって空中を進んでいる。そのまま行けば何とか崖に落ちるか落ちないか、というところだろう。
ファリスが、かすかに震える掌をマギサへと向けた。
「アッ・・・」

思い出す。つい数秒前、マギサがガラフへと放った魔法。そのときのマギサを流れる魔力の練られ方、流れ方・・・全てを。
その手に流れる自らの魔力を感じ、解き放つ!

「エアロ!!」

放たれた風の塊は、マギサの服と体を引き裂きながら、吹き飛ばす。
エアロ、そして特大のファイアと連続して魔法を放ったマギサは、瞬時にさらに魔法を放てるほどに魔力を練ることができ
なかった。
下級の風の魔法、しかしマギサほどの体重の人間を2mほど空中で押し出すには十分な威力だった。

「ウ・・・アアアアアアアアアァァァァ・・・ァァ・・・・・・ァァ・・・」

マギサは、そのまま深緑の中へと消えていった。

「バッツ!レナ!」
ガラフとファリスが同時に振り向いた。
バッツは口から血を流していたが、フォルツァに剣を突きつけていた。レナも後ろからロッドを突きつけている。
状況は明白だ。

「見たとおりだ。アンタの相方は死んだ。先に仕掛けてきたのはそっちだし、文句を言われる筋合いはない。・・・・まだ
続けるのか?」
淡々と、それとも感情を付ける余裕もないのか、バッツが告げた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。