第1章 SeeD-52


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パーティの喧騒を嫌って、俺は会場の一隅に佇んでいた。
そんな俺に声を掛けてきた者がいる。
「キミが一番かっこいいね」
振り向くとそこには、一人の少女が立っていた。
年齢は俺と同じくらい。艶やかな黒髪と、円らな瞳が印象的だった。
来賓の一人か?しかし、そうは見えないが・・・
SeeD就任パーティは、新人SeeDを祝福するためだけのものではなく、新人のお披露目、セールスも兼ねている。
それゆえパーティには、各国の指導者や軍関係者がゲストとして招かれる。
彼女もそうした来賓、おそらくはその令嬢の一人なのだろうが、それにしては、
彼女はどこか雰囲気が違っている。何というか、場慣れしていないような感じだ。
「知り合いを探してるの。それまでつき合ってよ」
そう言って彼女は、ハイヒールのおぼつかなげな足取りで、こちらに歩み寄ってきた。
よく見れば、シックな白いパーティドレスの着こなしも、どことなくぎこちない。
彼女、何者なんだ・・・

「!」
会場を明るく照らしていたシャンデリアが、ふいにその光量を低く絞った。
タイミングを同じくして、楽団の奏でる楽曲が、スローテンポなものに切り替わる。
「あ、この曲!ねぇ、知ってる?」
「・・・ああ」
舞踏会用にかなりアレンジされているが、この曲なら知っている。
俺が生まれる少し前に流行った曲だ。タイトルは確か・・・
「アイズ・オン・ミー。私、この曲にはちょっと思い入れがあるの。ね、踊ってくれない?」
彼女は俺の手をひいて、ダンスフロアへと誘なおうとした。
「いいからいいから。ね?」
来賓に失礼な真似はできないが、今の俺はそんな気分じゃない。
俺は無言のまま、彼女の手を振りほどいた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。