第1章 SeeD-53


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「なによ、もしかして、好きな子としか踊らないってヤツ?」
勝手に決めつけ、彼女は一方的に喋りだす。
「ふ~ん・・・私のことが、好きにな~る、好きにな~る♪」
俺の眼前で指をクルクル回しながら、彼女は言った。呪文でも唱えるかの様な、妙な節回しだ。
「・・・ダメ?」
小首をかしげ、ニッコリ笑顔で聞いてくる。
勘弁してくれよ・・・正直、この手のノリにはついていけない。
「踊れないんだ」
俺はぶっきら棒にそう応じたが、もちろんこれは嘘だ。
任務を遂行する上で、パーティに紛れてターゲットに接近する必要が生じるかもしれない。
そんな事態を想定して、俺達はパーティでの振舞いについても、一通りのことはマスターしているのだ。
「いいからいいから。私が教えてあげる。行きましょ」
俺の胸中など意に介す様子もなく、彼女は再び俺の手をとった。
仕方がない。気は進まないが、このままでは解放されそうにない。
俺は彼女に従って、ダンスホールへ向かうことにした。

「なんだ、ダンスできるじゃない」
アイズ・オン・ミーの調べに乗って、俺達は軽快にステップを刻んでいく。時折高度なターンも交えつつ・・・
「とっても上手よ♪」
少し上気した顔で彼女は囁いた。
それにしても彼女、何者なんだ・・・そういえば自己紹介がまだだった。
「俺の名はスコール。あんたは?」
しかし彼女は俺の問いかけを聞いてはいなかった。あっ、と小さく叫ぶと同時に俺のもとを離れ、
そのまま駆け出して行ってしまったのだ。
なんなんだよ、一体・・・探していた人を見つけたのか・・・それにしても・・・
一人取り残され、俺はしばし呆然としていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。