第1章 SeeD-57


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「でも、あんた先生だろ? ……あんたはここの先生で、俺はあんたの生徒。先生が自分の側で
ずっと黙ってるのは嫌な気分だ」
もういいだろ。この話は終わりにしよう。その一心で俺は切り出した。
先生はあくまで集団の生徒という者を受け持ち、その全員をきちんと公平且つ責任をもって指導する。
俺は教鞭をとる者はそう在るべきだと思っている。
だからこそ、このような状況で――プライベート中な生徒一人に対し、個別に話しかけてる事は
指導する者としてどうだ? と思ってさえいる。
今朝の炎の洞窟の様な、指導者と生徒の立場で目的を持っての行動ならば例外であり、正しい
行動だとは思うのだが……
以上を俺の持論として、無視するとしても、一人の生徒に対し、先生が黙ってる事に
いい気分をする者はそうそう居ないはずだ。
尚かつプライベート――少なくとも今のような状況では理屈抜きで嫌な気分、めんどくさい気分、
例え、彼女に好意的であったとしても、なんらかの気まずい気分さえしてしまうのは誰だって同じだろう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。