第1章 SeeD-59


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

噂通りというべきか、俗に言う「秘密の場所」とやらは、人で賑わっていた。
各方面から様々な事情を含んだ話声が飛び交い、それが混ざり合い、辺り一体の
喧噪を作り出していた。
「ここ、久しぶりだわ」
場所のせいか、少しはしゃぎ気味な声のキスティス先生が喋る。
「今、何時くらいかな?」
「丁度……日を越えた辺り、零時過ぎだ」
そんな先生とは対照的に投げやりと言う表現が、一番しっくりくる声色で
俺が返答する。
自分で言うのもなんだが、無理もない。
先程のキスティス先生の覇気に押されて、此処まできたものの、元々
が乗り気で無かった上、実際にこの場所に来て俺は更なる憂鬱に見舞われていた。
「それで、どうするんですか?」
俺は、ぶっきらぼうに先生に訪ねる。
用件は聞かされていなかったが、教官たる者がこの場所に来てやる事は、注意くらいだろう。
最初からそう判断してた俺がこんな事を訪ねるのは、いわば先生に対する、催促みたいな
ものだ。
つまりは、早く用件を済まして帰らしてくれ。そういう気持ちを全力を込めての言葉だ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。