FF7AC プロローグ4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミッドガル 孤独では無かった者の墓標


ザックスは、ソルジャーの中では最高ランクである、ソルジャー1stだった。
そして、流れる黒い長髪とそのあっさりとした性格で、誰よりも人気があった。
でも、俺は、そんな彼を見殺しにしてしまった。
エアリスは、ザックスを待ち続けていた。彼の死を伝えられた彼女は、どんな顔をしていたんだろう。
そしてエアリスをも、俺は見殺しにした。
きっと、2人が死んで悲しむ人達はたくさんいた。
俺は、彼らに会ったとき、どんな顔をすればいいんだろう?

「俺さ、お前に許されるのかな?」
男の墓標を、静かに見つめる。錆にまみれたバスターソードは、ザックスの形見だ。
目を、閉じる。2人の笑顔がフラッシュバックする。
同時に、電撃のように頭が一瞬痛み、よろけて、後ろに止めていた愛車に寄りかかってしまった。
幸いきっちりとスタンドが固定してあったため、その巨大な黒塗りのバイクが倒れる事は無かった。
低くうめく。じっとしているとすぐに痛みは引いた。
光の差し込まない、暗い曇天をそのまま真っ直ぐに見つめる。
それが何だか自分のようで笑えて来た。口の端で笑った。笑った気がしなかった。そういえば最近笑っていない。
笑えるくせに、笑顔を隠して心を閉ざしてしまっている。
何時だったか。ティファに言われた事があった。
そういえば、ティファから伝言があったなぁ、とぼんやりと考えた。
ユフィやバレットからの伝言は耳が痛くなるが、ティファからの伝言はそれ以上に頭が痛くなる。
愛車に座り直し、ハンドルにぶら下げた携帯に手を伸ばした。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。