FF7AC Rufus ShinRa5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レノのこの余計な一言で、クラウドは全ての興味を失ったようだった。
彼は「興味ないね」と冷たく言い残すと、ドアを蹴り開けてさっさと行ってしまった。
「「レノ!」」
ルーファウスとルードが、同時に鋭く声を上げるが、ドアは重い音を立てて閉まってしまった。
その後部屋に残された二人が聞いたのは、
レノがクラウドを引きとめようとする声、彼が派手に殴り飛ばされる音、遠ざかって行くバイクのエンジン音だった。

暫くして、左頬をしたたかに殴られたレノが、顔を押さえながら入ってきた。
「…この、馬鹿が」
痛そうな表情をしているレノを、ルーファウスは冷たくなじった。
「すまねえ、社長」
「…まあいい、どの道、真実を教えないまま奴を味方にするのは難しかった」
車椅子を回転させ、窓辺に移動させながら、ルーファウス。
「しかし少しまずいな…これでは奴が来た時にどうしようもないぞ」
言って、小気味よく細い窓から外の風景を眺める。
実を言うと、クラウドにルーファウスが言った事の半分ほどは、真っ赤な大嘘だ。
彼らがカダ―ジュに襲われるには立派すぎるほど立派な理由があった。
大空洞を調査して何も見つからなかったと言うのも嘘。カダ―ジュ達の言う「母さん」の正体も知っている。
ついでに言えば、クラウドがカダ―ジュ達に襲撃されたのも、ほとんど彼らのせいだ。
カダ―ジュ達はここに来た事がある。
その際に、カダ―ジュ達が探している「母さん」はクラウドに預けた、と、その場凌ぎの言い逃れをしたのだ。
もう一度彼らが現れた時のために、クラウドを味方に引きこんで盾にしようとしたのだが、
その企みはたった今失敗した。

ルーファウスは黙ったまま外を眺めていたが、やがて、あるものがこちらに近づいてくるのを見て、ため息をついた。
「噂をすれば影だ。来たぞ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。