FF7AC Hesitate1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不意に、意識が取り戻された。
目を開けると、それはどこかの寝室、そのベッドの上。
壁に、クラウドとティファの子供らしい似顔絵があることから、セブンスへブンの寝室だとわかった。
クラウドは起きあがると、隣のベッドにティファが、意識を失ったまま横たわっているのを見つける。
……また、助けられなかった?
そこまで思い至ったクラウドの胸中に一つの感情が滲み出す。それは、後悔。
どうすることもできず立ち尽くし、ティファの安らかな顔を見つめるクラウド。その背後に、2人の男が立っていた。

「…重かったぞ、と」
クラウドが振りかえる。そこにいたのは、レノとルードだった。
「…あんた、子供達と住んでいるって話だったよな」
クラウドが口を開く前に、ルードが話し出す。
その抑揚のない口調に伴う重苦しさに、クラウドは厭な予感を感じる。
「空っぽだ。どこにもいねえよ」
その予感を裏切ることなく、レノがお手上げだと言う風に言った。
「…どこにも、いない?」
まだ後悔の念に沈みながら、クラウドが復唱する。
タークスの2人は沈黙で答えた。重い空気が、あたりに充満する。
「…いいのか?」
やがて、ルードが短く訊いた。
「俺は…」
のろのろと答えようとしたクラウドは、そこで言葉に窮してしまった。
―――俺は…なんだ?
俺はどうしたらいい?どうしろって言うんだ?人ひとり助けられない、この俺に?
またも、沈黙が辺りの空気を支配する。ルードがもう一度「いいのか?」と訊いたが、それでも口を開かない。開けない。

たっぷり20秒間待った後、レノは失望したようなため息をついた。
「じれったいぞ、と」
煮え切らないクラウドにそれだけ言い捨てると、全ての興味を失ったように寝室から出て行く。
ルードもサングラス越しにクラウドを冷たく一瞥すると、後に続いた。ドアを閉める音が、いやに大きかった。
クラウドは何もせず、何も言わず、その場に立ち尽くしたまま2人を見送った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。