FF7AC Hesitate2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日が暮れた。
クラウドはまだセブンスへブンの寝室にいて、窓から月を眺めていた。綺麗な満月だった。
タークスの2人と短い会話を交してから、ずっとそこにいたのだ。
ティファの身を案じて。否、案じるふりをして。あるいは、どうするべきか決めかねているふりをして。
彼女が呻き声をあげ、ようやく目覚めたのは、それからだいぶ後のことだ。

目を覚ますと、そこはセブンスへブンの寝室だった。
もう夜だった。慌てて起きあがる。
クラウドがいた。
彼は起きあがったティファの顔をちらりと見たが、すぐに窓の外に視線を戻し。
「レノ達が探している」とだけ告げた。ティファは「そう…」と呟いてうつむいた。
寝室に何度目かの沈黙がおりた。虫の鳴く音が、どこからか聞こえてくる。
「星痕症候群…だよね?」
暫くして、うつむいたまま、ティファが口を開いた。
クラウドは何も言わず窓の外を眺めている。その沈黙は、肯定の証。
「やっぱり…」とティファが沈んだ心で絶望的に呟くと、クラウドは
「…治療法がない」とだけ言った。その声もまた、絶望的な響きを伴っていた。
―――でも、ちょっと待って。
ティファは顔を上げた。
―――だから、逃げるの?
「でも、デンゼルは頑張ってるよね?」
―――小さい子供だって、耐えてるのに?戦ってるのに?
「このまま死んでもいい…なんて思ってる?」
―――なのに、あなたは逃げるの?
「逃げてないで、一緒に闘おう?みんなで助け合って、頑張ろう?」
このままじゃ、みんないたずらに苦しいだけだ。あなただって、マリンだって、デンゼルだって、もちろん、私だって。
まだ背を向けているクラウドに、ティファは必死に訴えかける。
しかし、それでもクラウドはこちらを見ない。応えない。
「…本当の家族じゃないから、ダメか」
石のように黙り込む彼に、ティファは諦めたように締めくくった。
すると、クラウドはやっと口を開いた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。