FF7AC Hesitate4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…頼む…」
短く、それだけ言った。
その一言は、その場にいた3人を大いに面食らわせた。
ティファもレノも、ポーカーフェイスのルードでさえも、半ば驚いたような、半ば呆れたような顔でクラウドを見た。
「俺はルーファウスと話してくる」
そう続けるクラウド。それは戦えない、闘いたくないと言う意思表示。
「逃げないで!」
間髪いれずに、ティファが悲痛に訴える。
「わかるよ?
 子供達を見つけても、何も出来ないかもしれない」
言葉を続けるティファ。
クラウドは彼女に背を向けたまま、居心地悪そうにしだしたタークスの2人を見ながら聞く。
「もしかしたら、また取返しのつかないことになるかもしれない」
レノはルードを押して部屋を出ようとしているが、ルードはそんなレノを逆に押しのけて部屋から出さない。滑稽な図だった。
「それが怖いんでしょ?」
…図星だ。
「でも、もっと今を、色んなことを受け止めてよ」
ティファの説得は続く。
「重い?だってしかたないよ。重いんだもん」
彼女はクラウドにとってもっとも触れられたくない部分に触れた。
「一人で生きていける人意外は我慢しなきゃ。
 ひとりぼっちはいやなんでしょ?出ないくせに、電話は手放さないもんね」
また、図星を突かれた。クラウドは喋り終えた彼女を背に、ただ黙って立ち尽くしていた。

ティファの言った事は正しい。どこまでも正しい。
俺だって、それぐらいは解かってる。少なくとも、解かってるつもりだ。
でも、ティファ…俺は…俺は…

クラウドが何も言えないでいると、漫才のような押し問答をやめたレノが、またため息をついた。
「アジト…お前が行けよ、と」
それだけ言って、ルードと共に部屋から出ていってしまった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。