FF7AC The strange children4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その数時間後…
迷いをひきずったまま、クラウドはフェンリルを駆り、ようやく忘らるる都へとやってきた。
昔は海底だったのだろうか、砂浜の湿った砂のような地面の両脇には、白い輝きを発する不思議な枯れ木が並んでいる。
無数の枝が折り重なり、純白に輝く光景はひどく夜空に映えていた。
クラウドはバイクを駆りつつ、その幻想的な木々を眺めていた。
そして、眺めているうちに、妙なことが起こった。木々の白い輝きが、辺りの風景を白く染め、視界全体を包みだしたのだ。
クラウドは最初、なにかの錯覚かと目をしばたいたが、それでも白い光は消えない。
やがて、目の前が完全に白に支配されると、彼は体が何処かへ引きこまれるのを感じた。

クラウドは前につんのめり、慌てて体勢を整えた。
辺りを見まわす。相変わらず真っ白な靄に包まれているが、足下には花畑が広がっていた。
クラウドはその花を見て、以前、ここに来たことがあるのを思い出した。
「来ちゃったね…自分が壊れそうなのに ね」
背後で誰かが囁いた。その声には聞き覚えがあった。それは忘れるはずもない、彼女の声。
すぐ後ろに、彼女がいる。
クラウドが何も言えずにいると、彼女は「でも、きっといいことだよ」と囁いた。
2年前から全く変わらない、人を安心させる、少し謎めいた話し口調だ。
暫くの静寂。それを破ったのは、やはり彼女の方だった。
「質問! どうして来たのかな?」
クラウドは少し考えてから答えた。
「俺は…許されたいんだと思う…うん、俺は許されたい」
口に出して、その答えに少しの自身を持った。だが、
「誰に?」
彼女はその笑い混じりの、短い一言で、クラウドの詭弁を打ち砕いた。さらに、続ける。
「ほんと、ズルズル、ズルズル。ねえ、もう許してあげたら?」
…え?
クラウドはその一言を訝り、思わず背後を振り返った。
が、そこにあったには、次々と流れて去っていく忘らるる都の風景。クラウドはバイクに乗っていて、地面は湿った砂だった。
白い世界は唐突に消え去った。クラウドは暫く後ろを見ていたが、やがて首を振り、前を向いた。

その直後、銃弾が飛来した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。