FF7AC The strange children7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

重量にして数百キロに達するフェンリルが派手に横転し、黒塗りの車体が音を立てて地面を這う。
クラウドの体も宙を舞い、地面を無様に転がった。
魔法の閃光を受ける寸前、とっさに回避してなんとか直撃は防いだし、地面はほとんど砂なので叩きつけられてもそれほどのダメージにはならなかったが、それでも全身を鈍痛が走っていて起きあがれない。
クラウドが顔を上げると、先ほどの刀を持った男―――おそらく、この男がカダージュだ―――がこちらを見下ろしていた。
「やっぱり来たね!」
カダージュの声は甲高かった。その淡いグリーンの目には狂気が宿り、子供のような顔には狂気じみた笑みが浮かんでいる。
狂気の滲む目で睨まれた瞬間、左腕の星痕が灼けるように痛んだ。
「子供たちを迎えに来た」
呻き混じりでクラウドも言い返す。カダージュはやたらと嬉しそうな様子で、辺りをうろうろと右往左往し始めた。
「この人はねぇ!僕達の兄さんだ」
周囲を取り囲んでいる子供たちに向かって、甲高い声で叫ぶ。
「…でもねぇ、残念だけど」
かと思ったら、次に口を開いた時、その声は異様に重く、冷たくなっていた。言動のどれもが意味不明だ。
「裏切り者なんだよ」
言い放ち、クラウドの首筋に刃が2枚ある刀をつきつけた。
クラウドはカダージュの氷のような目を睨み返していた。応戦はできない。持っていた剣は転倒の際に投げ出されてしまった。
カダージュがゆっくりと刀を振りかぶる…
その時、一つの叫び声が状況を変えた。
「クラウド!」
マリンだった。
カダージュがその声に気を取られたのは一瞬の事だった。が、クラウドにはそれで充分だった。
カダージュのすぐ足下に、セカンド剣が転がっていたのだ。

即座に剣を拾い上げ、隙だらけのカダージュのわき腹を斬りつける。
が、カダージュはすぐに攻撃を察知し、真上に飛んで避けた。
子供たちの輪の外に着地するカダージュ。クラウドはすぐさま追撃しようとしたが、できなかった。

それまで無言で人垣を作っていた子供たちが、クラウドめがけて一斉に殺到きたからだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。