FF7AC The strange children8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小さい体が、次々と飛びかかってくる。クラウドはとっさに剣を下に向け、背を丸めた。
これが余計に状況を悪くした。
無防備な状態のクラウドの上に、子供たちがのしかかっていく格好になってしまった。

数重人分もの体重に押しつぶされ、地面に這いつくばったクラウドは、それでも懸命に首だけを動かし、状況をうかがう。
そして最初に視界に入ってきたのは、自分を見つめる、子供達の無数の目だった。
奇妙に輝き、しかし瞳の奥底は虚ろで、生気がない。
それは、完全に正気を失い、意思を持つことを忘れてしまった眼。機械のような眼。すべての思考を奪われた眼だ。
相変わらず地面に這いつくばりながらも、クラウドはまたも怒りに口元を歪めた。カダージュ達が何をしたかは知らないが、それでも、子供たちをこんなふうにした行為が、どれだけ非道なものだったかはわかる。
剣を持っていない左腕に力を込め、強引に動かす。と、手が何か硬いものに触れた。
マテリアだ。子供の手に握られていたマテリアが、左手のすぐ近くに転がっている。
クラウドはとっさにそれを掴むと、マテリアに魔力を送った。

「クラウド!」
押さえつけるロッズの腕を振り解こうとしながら、マリンは懸命に声を上げる。
眼前には、カダージュ達に操られた子供たちが、クラウドに飛びかかり、のしかかり、山のように重なって押さえつける姿。
マリンの手が震える。寒さのせいではなかった。
目の前で繰り広げられる光景が怖い。今の状況全てが怖い。
マリンは何を考えるでもなく、小さい手でしゃにむにロッズの腕や脚を殴り、押しのけ、なんとか自由になろうとした。が、何をしても大男は石のように動かない。
ロッズも、その隣にいるヤズーも、銃撃をやめてからは棒のように立ち尽くしている。
マリンがもう一度、クラウドの名前を呼ぼうとしたその時、クラウドを中心に山のように折り重なっていた子供たちの隙間から、先ほどと同じ、魔法による光が漏れ出した。
同時に、それまで直立不動を決めこんでいたロッズがとつぜん動き出し、マリンをいきなり投げ飛ばした。
マリンはなす術もなく宙に投げ出され、悲鳴を上げる暇もなく。忘らるる都の硬い木々の陰に叩きつけられた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。