FF7AC Keep Waiting1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ティファはベッドに座り込んだまま、壁にかかっている時計を見た。すでに深夜の3時を回っている。
 セブンスヘブンの寝室で、彼女はただただクラウドからの連絡を待ち続けていた。
 が、彼が忘らるる都へ向かってからかなりの時間がたっている今も、電話の一本もかかってこない。
 ロッズとの戦闘で受けたダメージはもう回復しているが、時間とともに不安がつのり、次第に落ち着きを失っていくのが自分でもわかった。
 やきもきした思いで立ち上がり、窓に歩み寄って空を見上げる。暗雲がたちこめていて何も見えない。ベッドに戻って座り込み、しばらくするとまた時計を見、立ち上がって窓を見てを繰り返した。

 「…そろそろ寝たらどうだ」
 そんなティファに、後ろからルードが声をかける。今夜でもう3回目の提案だった。
 タークスの2人もまだセブンスへブンにいた。レノは同じところを何度も行ったりきたりし、ルードは部屋の隅に立ったままほとんど動かない。
 「神経が参るぞ」
 ルードはさらに言う。無骨な口調だが、気遣わしげだった。
 「こんな時に寝ていられるほうが、どうかしてると思うけど」
 ティファはそれだけ言って窓に視線を戻した。神経が参るほど待つのは、今に始まったことではない。
 「………」
 ルードは低くうなって、寝室を出て行った。階段を下りていく音が聞こえる。

 それから30分ほどして戻ってきたルードの両手には、コーヒーの入ったマグカップが握られていた。
 驚いて目を丸くするティファとレノ。
 「…徹夜にはこれがいい」
 ルードはゆっくりとティファに歩み寄り、左手に持ったカップを差し出した。
 「…あ、ありがとう」
 ティファはこぼさないように慎重にマグカップを受け取り―――わかりやすいところにお盆が置かれていたはずだが、あえて言わないでおいた―――淹れたてのコーヒーを飲んだ。苦い。
 ルードは妙に満足げな様子で、右手に持ったカップを口に運んだ。
 「おい、俺の分…」
 「…自分で淹れて来い」
 相棒の邪険な言いように、レノはかーーっと呻いた。
 ティファは、少しだけ笑った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。