FF7AC Keep Waiting3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 そして、独り寝室に残された彼女は、今もまだ待ち続けている。
 だが、やはりというか、セブンスヘブンの固定電話機がなる気配はない。1時間がたち、2時間がたち…ティファはその間、レノに伝えられたことを頭の中で反芻していた。
 カダージュ達がこちらに向かっているという事実は、クラウドの失敗を意味している。
 それならクラウドは、そしてデンゼルは、マリンは、子供たちは一体どうなったのだろう。今のティファにはなにもわからない。
 一晩中抱えられ、肥大し続けたティファの不安は、いまや耐え難い焦燥に変わっていった。

 どのくらい時間がたったか、ティファは店の外がにわかに騒がしくなってきた。
 窓から外を見ると、通りは何人もの人でごったがえしていた。人々は皆騒然とした表情で、先を急ぐように街の中央へと走っている。
 ただならぬ雰囲気を感じたティファは店を出て、通りかかった人の一人をつかまえ、訊いた。
 「あの、なにかあったんですか?」
 「あんた、知らないのか」
 その中年の男性は切迫した様子で答えた。
 「中央広場の記念碑を壊そうとしてる奴らがいるらしい。それで、そこに昨日から見当たらなかった子供らもいるんだと」
 ティファはもう一瞬たりとも待てなかった。気がついたときには、群集に混じってエッジの中央に立つ記念碑へと走っていた。

 皮肉なことに。
 あと少し、あと5分だけ待てば、あれほど待ち続けたクラウドからの電話に出られたことを、彼女は知らなかった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。