FF7AC Violators4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 話に聞いたとおり、記念碑は破壊されかけていた。頂上の円盤状になっている部分には大穴が開いており、張られているワイヤーの何本かが千切れ、だらりと垂れ下がっている。
 その下に、子供たちが記念碑を囲むようにして立っていた。
 ティファはその姿を見て、息を呑んだ。
 立っていたが、しかし。
 眼前で繰り広げられる殺戮にも、絶えず上がる悲鳴にも、派手に飛び散っては顔や体に降りかかる鮮血にも、何の反応も示さず。ただ無表情で、ただ、そこに、呆然と、立っていた。
 異様。
 その光景は、異様としかいえなかった。

 正面からモンスターが猛然と突っ込んで来た。さらに後ろからも、食いちぎられた人の足をくわえて引きずりながら、もう一匹。
 (………!!)
 ティファはそこで一瞬棒立ちになったが、すぐに正面から来る敵に向かって走り出した。モンスターは獲物が自分から飛び込んでくると見るや、醜悪な口を大きく開き、中に溜まっていた血と唾液をまき散らしながら跳躍した。
 だが。
 次の瞬間、ティファは獣よりも高く跳び、すれ違いざまに、モンスターの眼球を踏み潰した。
 反動でさらに高く舞い上がったティファは、下から聞こえる悲痛な吠え声を無視し、再び記念碑の子供たちへと目をやる。
 その中に、見覚えのある子供が、いた。
 着地する。血糊で足が滑った。後ろから人の足をくわえたモンスターが追ってくるのを認めると同時に、脚を突き出してかがんだまま一回転する。
 足を払われた獣は、走ってきた勢いのまま、顔面から地面に激突した。
 頭を潰されてのたうちまわるそのモンスターを飛び越えてしゃにむに走り、やっと記念碑の前までたどり着いたティファの目の前にいたのは―――
 「デンゼル!」
 息を切らしながらデンゼルに走りより、その両肩をつかむ。デンゼルはうつむいたまま、やはり何の反応も示さない。
 「…デンゼル?………デンゼル!」
 もう一度呼びかけてみても応じない。体を揺さぶると、そのはずみでやっと顔を上げた。

 デンゼルの死んだ瞳に、ティファの憔悴しきった表情が映った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。