FF7AC Violators5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無様に逃げ回る人間たちを見、その惨めな死を眺めているうちに、ヤズーは気分が落ち着いてきた。血が昇った頭が冷えていくのを感じる。
「おい、ロッズ」
しばらくして、隣で肩を震わせているロッズに声をかけた。振り向いた顔は、みっともない泣きっ面だった。
「泣くなよ?」
言うと、ロッズは笑顔になった。
そして2人は、ここに来た本来の目的を思い出すことにした。記念碑に向き直り、輝く左腕を向ける。
と、背後から耳障りな声がした。
「何してるんだぁ?」
その軽薄そうな声を聞いた途端、ヤズーの神経がまた疼いた。
 …あいつらか。

悲鳴と獣の耳に悪そうな吠え声が飛び交う中、レノとルードはゆっくりと、記念碑を破壊しようとしている2人組に歩み寄った。
レノの手にはすでに得物の電磁ロッドが握られ、ルードは革のグローブを締めなおしている。
ざっと5メートルの距離を置いて立ち止まる。そのまま互いに挑戦的な目つきで睨みあったが、やがてヤズーが沈黙を破った。
「母さんは…ここなんだろ?」背後の壊れかけた記念碑を親指で指して、言う。
「どうして?」ルードがすかさず言い返した。
「この…なんだ、記念碑?あんたらの社長がここに隠したって言ってた」
今度はロッズが、太い声のわりに幼稚な口調で言った。
「社長をさらうなんてなあ。お前らにしては頭使ったな、と」
「しかし、ハズレだ」
指で頭をつついて挑発するレノに、ルードが絶妙な合いの手を入れる。じゃあどこだよ、と言いたげに顔をしかめるロッズに、さらに「俺達も知らないぞ、と」と畳みかけ、ルードと一緒に陰気に笑ってやった。
事実、ルーファウスはジェノバの隠し場所を誰にも教えないし、レノもルードもあえて聞こうとはしなかったのだが、
「なんだ…信用ゼロだな、お前ら」と、ヤズーが痛烈な一言を返してきた。
これが気に障って、ヤズーを睨みつけるレノだったが、そこで不意に動きが止まった。
言い返す文句が思いつかない。
ルードを見る。視線をそらした。ヤズーを見る。何も言えない。ルードを見る。また視線をそらした。ヤズーを見る。やっぱり何も言えない。
奇妙な反復運動を繰り返すうち、レノは表情がどんどん情けなくなっていく。
で、結局。
「うおりゃー!」
レノ達の方から仕掛けた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。