四節 Eternal Melody6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

進むにつれて気温はさらに下がり、氷室さながらの鋭い冷気が、吐く息を白く染める。
磁力の洞窟と呼ばれる場所が、かつて、何者かの暮らす都市であったことは間違いない。先へ進めば進むほど、痕跡は増えていった。
平らな床。鹿角を模した石造りの蜀台。木製の櫃に入った古い貨幣。つる草のレリーフを施した扉。
魔物を寄せ付けない結界が張られた部屋も、いくつか残されている。
そのうちのひとつで、セシルたちは休息を取っていた。
魔法陣の上にテントを張り、楽な姿勢で干し肉や木の実を齧る。くつろいだ輪の中心に、ヒソヒ草が置かれていた。
「さっきは驚いたよ。幽霊かと思った」
『すまないね、説明しそびれてしまって。
 でも勝手に殺さないでくれよ』
ヒソヒ草の向こうで、苦笑している気配がする。
ギルバートの体調が、確実に良いほうへと向かっていることは、その声の調子からも窺えた。
『まさか、本当に歌の通りにやるとは思わなかったよ』
「そんなに変かな?
 町の人にも呆れられたけど」
森のどこかにいる黒チョコボを見つけ、空を飛んで磁力の洞窟へ向かう──その手伝いを頼んだとき、しばらく大口を開けていたロドニーの顔をセシルは思い出した。
あまりに深い森で囲まれているせいだろうか。どうもトロイアの人間には、野生のチョコボを乗りこなすという発想がないらしい。
野生の群れが存在しない砂漠育ちのギルバートには、彼らと同様、セシルたちの行動が大胆に思えるのだろう。
『いや。……ただ、少し残念かな。
 洞窟へ行く方法を探すなら、今の僕でも手伝えると思ったんだけど』
「なんの、その気持ちだけで十分じゃよ」
「ここは我々に任せて、ギルバート殿は養生に専念されるがよかろう」
『……ありがとう。そうさせてもらう』
二人の気遣いで、空気がいっそう和やかなものになる。
それを、苛立たしげな声が一瞬で粉砕してしまった。
「ようやく分かったか。貴様の浅知恵などに用はない」
「……テラ!
 おぬしいい加減に」
「ぐずぐずしてはおれん。そろそろ先へ進むぞ」
さすがに見かねたシドを振り払い、テラは早々に腰を上げた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。