四節 Eternal Melody7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「しかし、テラ殿の魔力も、まだ完全では……」
「ふん!
 だらだらと無駄話をしているよりはよほど良いわ!」
とは言うものの、テラの顔色は良くない。
ただでさえ、魔力の回復は体力のそれよりも時間がかかる。一行の中で最も休養を必要としているのは、間違いなくこの老いた賢者だ。
「ここからが本番なんだ。ちゃんと休んだほうがいい」
やはり休息を勧めたセシルに向かって、テラは盛大に鼻を鳴らした。
「なにを呑気なことを!
 そもそも、捕らわれているのはおぬしの恋人ではないのか。
 ここでモタモタしている間に、何かあったらどうする!?」
「それは……」
「私はもう御免じゃ。オクトマンモスの時の様なことはの」
虚空を睨み付けたテラの言葉が、セシルの気持ちを動かした。
「分かった。行こう」
「良いのですか?」
「言い出したら聞かないよ」
尋ねるヤンは知らない。かつてダムシアンへ通じる道を塞いでいた魔物の名前を。
そのとき、戦いに備えて、一晩の休息を提案したのはテラのほうだったということを。
もしもあの時、先を急いでいれば──
『侮ってはいけない。
 ダークエルフの魔力は、クリスタルのせいで増大しているんだ!』
病床から、ギルバートが警告を発する。
だが彼の助言を、今のテラが聞き入れるはずはなかった。
飾り柱のような岩の列の間を抜け、奥へ。貝殻や貴石を象嵌したひときわ見事な扉の向こうが、クリスタルルームになっていた。
壁も床も、淡く輝く水晶のような物質で作られている。中央には鈍色の祭壇。クリスタルの間近へ続く正面の階段には、色褪せた毛氈まで敷かれている。
かつてミシディアやファブールで見たそれと、まったく同じ構造だ。こんな場所に神聖な台座が存在する事実に、セシルは驚きを隠せなかった。
階段の上で、痩せこけた影が振り返る。
蟷螂を思わせる細い手足に、ぼさぼさの白髪。薄い緑色の肌。黄色く濁った目ばかりが目立つ、しわに覆われた顔。まるで枯死した雑草のようだ。
クリスタルの輝きを背に受けて、筋張った体の輪郭を、黄金の光が縁取っていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。