四節 Eternal Melody11


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

覚悟はしていた。
「大変心苦しいのですが」
恨みに思う筋合いではない。
「ご期待には添えません」
それでも、磁力の洞窟で今の言葉を聞いているセシルたちのことを思うと、ギルバートは尋ねずにいられなかった。
「……何故ですか?」
そのために、彼の秘密が暴かれたとしても。
「理由は、あなたもよくご存知のはずです。
 飛空挺での攻撃は、地上からでは防げない。
 どこか安全な場所にクリスタルを移したほうがいい──
 そう仰っておいででしたね」
「……僕の、せいですか……?」
「決断したのは私たちです」
うなだれたギルバートの手からヒソヒ草を受け取ると、大神官はセシルたちへ語りかけた。
「お聞きになられましたね?
 申し訳ありませんが、手をお貸しすることは出来ません」
『なんでじゃ!
 あんたら、クリスタルが盗まれて困っておるんでは……』
「より邪悪な企みを抱いた者の手に、渡ることがあってはなりません」
『……我々が信用できないと?』
「ダークエルフに勝てない者に、クリスタルを守りきることが出来るとお思いですか?」
控えめな表現で、大神官は現実を突きつける。
「ですが、このままでは問題の先送りにしかならないことも確かです。
 もしもあなた方がクリスタルを奪い返し、生きてこの城に戻ってこれたならば、国を挙げてお力添えをいたしましょう。
 大神官の名において、約束します」
城内と、洞窟と。二つの部屋を沈黙が覆う。
大神官の、やや肉付きの薄い手が、ギルバートの膝の上にヒソヒ草を置いた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。