四節 Eternal Melody13


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『……すまない』
「君が悪いんじゃないさ」
気落ちしていない、と言えば嘘になる。それを気取られないよう、セシルは努めて前へ進む方法を見出そうとした。
しかし、仲間たちが彼を諌める。
「もう眠れ、セシル」
「テラ殿の言うとおりだ。
 今後どう動くにしても、体調は万全にしなければ」
「考え事なら、この天才シドに任せておけ!」
口々に言われ、セシルはしぶしぶ寝袋に潜り込んだ。いい夢は見られそうにない。
確実に生きて戻るなら、ひとつだけ手がある。諦めるのだ。ローザのことも、カインのことも。何もかも。
……そんなこと出来るはずがない。
パロムやポロム、これまで出会った人々から寄せられた厚意にも、まだなにひとつとして、満足に応えていない。
なにより。
”ローザは……カインのところにいます”
バロン城で、ローザの母アイリスに娘の行方を問い質されて。咄嗟にそう応えた瞬間、広がった安堵の空気。
ただセシル一人の胸に燻っていた感情は、騙すような真似をした、罪悪感だと思っていた。
それだけではない。今なら分かる。
ローザを守るのはセシルの役目だ。カインでも、他の誰でも、あってはならない。
だから、証明しなければならないのだ。テラがギルバートに求めたもの。アイリスがカインに期待したもの。
伴侶を守り抜く力。
──ID……EM URODO ITAU A……ROT──
──UKU…… KUSH O…… NEHA……OCH──
かすかな歌声を聞きつけ、セシルは耳を澄ました。
「ふん、無駄なことを」
やはりギルバートだ。耳が慣れると、別の低い濁った音も聞き分けることが出来た。あの錆びた竪琴だろう。
「気持ちはありがたいが……」
「これではのう……」
普通に話す分には、だいぶ良くなっていたように感じたが。ギルバートの歌声は、古くなった革紐のように伸びやかさを欠いていて、どんな力も秘めていそうには思えなかった。
「いいから、お主はとっとと寝るんじゃ」
テラが向けてきた杖の先端から、灰色の靄が噴き出す。スリプルの魔法はたちどころに効果を発揮し、無理やりセシルを眠りの中へ引きずり込んだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。