四節 Eternal Melody14


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その後、エリスはしっかりこき使われた。仕事を放り出し、立ち聞きに現を抜かした罰である。
野菜の皮むき、床磨き、空き部屋の掃除に続いて彼女が押し付けられたのは、両腕いっぱいの洗濯物だった。
裏に回り、大きなたらいに水を張って灰を混ぜた中に汚れ物を浸す。凝りはじめた首や肩をもみほぐしながら、エリスは布に洗濯液がしみこむのを待った。
そこへ、さらなるシーツの山を抱えて、同僚のミオが応援に現れる。
「手伝いに来たよ~」
どさり、と投げ出された大量のリネン。エリス一人の作業量は、どう考えても増えている。
「ほらほら、天気がいいうちに済ませちゃお」
ミオはスカートの裾をたくし上げ、素足をざっと水で洗うと、洗濯物を足で踏んで揉み洗いを始めた。
エリスも彼女に倣い、たらいの中に入った。少しだけ温まった水が、酷使された足に心地いい。
「ふんふーふーふーんふふーん♪」
リズミカルに上下する膝に合わせて、ミオが鼻歌を歌い始めた。
祭のたびに奏でられる、精霊たちに捧げる旋律。
古の言葉で綴られた歌詞を諳んじることが出来るのは、ごく一握りの巫女たちだけだが、ゆったりとしたメロディーは、2歳の子供でも知っている。
「ずいぶんとご機嫌ね」
「そういうわけじゃないけど、さっきから二階のほうで歌ってる人がいてさ。
 ずーっと聞いてたから、つい」
「二階?
 ……楽司様ではないのね」
「男の人の声だったよ。それに、あんまり上手じゃなかったし。
 誰だろうね?」
お気楽なミオの返答で、異国の王子の思いつめた横顔がエリスの脳裏によみがえった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。