三節 山間26


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「じゃあ、いくわよ?」
「おう。まかせとけ」
どんっと胸を叩き高らかに宣言する。その態度はついさっきまで怪我を負っていた人間には思えない。
(二人とも何をするつもりなんだ?)
この兄弟の事だ。なにやら尋常でない事を企んでるかのようであるが……
「何処を見ておる!」
だが、考える間もなく背後からアンデット達が襲いかかってきた。
慌てて振り返り、攻撃を受け止める。
「テラ! ちょっといいか?」
セシルは傍らで魔法を撃ち込み続けるテラを見やる。
「何じゃ! こんな時に?」
追いつめられたせいかその声は少しばかり怒りがちであった。
この状況に少なくとも危機感を抱いているのであろう。
「パロムとポロムに何か策が有るようなんだ」
「何じゃと! 本当か?」
「うん。だから、僕たちに時間を稼いで欲しいらしいんだ」
「よしっ! そう言うことなら任せておけ」
途端、元気を取り戻したかのように声を張り上げ、今まで
以上に激しく魔法を連打する。
「ちょっと、テラ。これは――」
だが、セシルの問いも爆音とテラの叫びに空しくかき消される。
「はははは。撃って撃って撃ちまくるぞ。どうじぁああーーーー」
「…………」
その威勢よさにセシルは見つめることしかできなかった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。