二節 再開の調べ8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ふう……」
半ば強制的に始まった交渉を終え、その後協力する為の情報を聞き、
神官達の部屋から退出ししばらくした後、シドは大きくため息をついた。
「話のわかる連中で助かったわ……」
と、セシルを初めとした皆の意見を代弁するかのように言った。
「そういえば、どうしてため息をついとったのだ?」
安堵するシドにテラが訪ねる。飛空挺の時の事を言ってるのだろう。
「確かにセシル殿も……」
ヤンも同じく疑問を口にする。二人にとってあの時の甲板での二人の態度は
腑に落ちぬものであったのだろう。
「それはだな、この国の……」
シドの言葉を聞きながら、テラもヤンも自然と納得せざるをえなかった。
「つまりは……」
周りを見渡しながら、
「そうだ。この国は女性だけによって統治されておるのだ。兵士や、政治家等
国家の重要な機関の人間は」
「同時に、それが起因しての問題もある」
二人の疑問への解答をセシルが引き継ぐ。
「元々この国は、決して女性だけの国ではなかったんだ。勿論今だって男が、いないわけでは
ない。だが、ある時から政治は女性だけで取り組む方針を推し進めたんだ」
「つまりは、男は政治に必要ないという訳か……?」
「そう。僕も詳しくは知らないけど、ある時代の大臣がそう決めたんだ。以降、
この国では男性の政治参加は全く認められていない」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。