二節 再開の調べ17


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ところで、この竪琴を弾いている方をご存知だろうか?
 以前はぐれた仲間のものと、似ている気がするのだが」
「竪琴、ですか?」
「そうだ、教えてくれないか?」
ヤンが用件を思い出してくれたおかげで、セシルは居たたまれない思いから解放された。
楽器を手にした巫女たちが姿を隠しても、最初に聞いた竪琴の音だけは未だに続いている。彼らの会話を聞いてでもいたように、ぴぃ──ん、とひときわ高く澄んだ音を響かせた。
「……もしかして、今の音ですか?
 これは水琴と申します。地底に据え付けた瓶に水滴が落ちると、空隙に反響してこのような音がするのです。
 人が奏でている訳ではありません」
「そう……なのか」
「ですが、ひとつ思い当たることがあります。少し前、この近くに流れ着いた者の話が、あなた方のそれと良く似ているのです。
 当人はダムシアンの王族と名乗っていますが……お会いになりますか?」
「……やはり!」
「頼む!」
竪琴の正体を知って一度は気を落としたセシルだったが、続く神官の言葉で心が弾んだ。
それと同時に疑問も解けた。最初に水琴の音を聞いたとき、ギルバートだと思い込んだ理由──まさにこのエンタープライズから降り立った時、彼らを取り囲んだ女兵士たちが、それらしい人物の話をしていたからだ。
「では、ご案内いたします」
結い上げていた髪を下ろし、神官は奥の建物に向かって歩き出した。近寄ってきた巫女に神楽の再開を指示し、他の神官にも伝えるよう頼む。
そのまま正面のスロープを上がり、広々としたテラスを回って南向きの部屋へとセシルたちを導いた。
「眠っていなければいいのですが。
 ……入りますよ」
そう言って、黒檀でできた扉を神官が押した途端、膏薬の匂いが鼻を刺す。寝床の上に身を起こし、錆の浮いた塊を抱えた人物が、こちらを振り向いた。
「……セシル!? ヤン!
 無事だったんだね!」
──人違いだった。
一瞬そんなことを考えてしまうほど、彼らの名を呼ぶ声は、酷くしわがれ、かすれていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。