二節 再開の調べ18


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トロイアは低地の国だ。西の山脈を除いた国土の大半が、海面と等しい高さにある。潮が満ちるたびに海水が河を遡り、高台につくられた町のすぐ側まで押し寄せるのだ。
その上げ潮に乗ってギルバートは運ばれ、彼を見つけた漁師の助けを借りて、この城までたどり着いた。神官への面会を願い出て、バロンの脅威を訴えた後、力尽きとそのまま城で世話になっているのだそうだ。
「リディアは?」
「……面目ない」
「可哀想に……
 僕なんかより、ずっと立派に戦っていたのに」
少女の末路を聞かされ、ギルバートは初めて辛そうな表情を浮かべた。
痛んだ髪が張り付いた額にはひきつれた傷が走り、膿んで紫色に腫れ上がっている。頬の肉が大きく抉られ、線の細い輪郭を乱していた。手元の竪琴には錆が浮き、弦もほとんど切れている。
彼の音楽も、端正な容姿も、荒れる波が削ぎとってしまった。
「そんなことないさ。
 君が……助かって良かった」
力付けようとセシルは口を開き、結局、『無事』という言葉を飲み込んでしまう。もっと話術を磨いてけば、と後悔したところで遅い。沈んだ空気を変えたのは、本来気を使われる側の人間だった。
「さっき、飛空挺の音がしていた……
 あれは君たちだね?」
「その通りじゃ!
 このシドとエンタープライズがついとるからには心配いらん!」
話題が得意分野に及んだと見るや、シドがセシルを押しのけて、ギルバートの前で胸を張る。
「後はワシらにまかせて、ゆっくり養生しなされ
 あんたのことはセシルから聞いておる。たいそう世話になったとか」
「そうですか。あなたが……
 ……っ!」
握手を求める技師の手を、一拍の間を空けてギルバートが握り返す。かと思うと、見る間に表情がゆがみ、ギルバートは体をふたつに追って激しく咳き込みだした。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。