一節 刻む足跡19


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おぉ……おぉ……ぃ……ぉおぉ……
『セシル……ぉぉ……セシル……』
立ち去ろうとしたその刹那、不気味にとどろく声に呼ばれて、セシルは驚き振り返った。棺の前の副長と目が合う。
「……風ですよ。どこからか、吹き込むんです」
セシルより一回り以上年上の騎士は、一瞬だけ閃いた狼狽を消して微笑んだ。彼が足繁くこの場所を訪れていることを伺わせる、落ち着き払った態度だ。
その言葉に異を唱えるかのように、再び声が、セシルを呼んだ。
『……セシル……』
冷やりとした墓所の空気が背筋をなでる。さらに力強く、はっきりと聞こえてきた声は、もはや聞き間違いなどではない。
『セシル……其処に居るのか、セシル……』
呼びかけの合間に、冷たい石床を踏みしめる靴音が混じる。狭い地下空間で音は反響し、源は定かでないが、あきらかに近づいてきていた。
「……誰だ!?」
セシルは神経を研ぎ澄まし、気配を探った。
声は居並ぶ棺のさらに奥──ではなく、セシルが戻ろうとしていた方角から、響いてくる。
そのことに気付いて、セシルは剣にかけた手を離した。苦笑を浮かべ、緊張を解かない副長に、地上への道を指し示す。
まさにそのとき、物音の主が姿を見せた。がっしりとした体躯、もじゃもじゃの髭、額のゴーグル、機械油まみれの作業服──
おなじみ、我らが技師長殿だ。
「セシル~~!ここにおったんか~っ!
 すぐ出発するぞ!」
「……技師殿。お静かに願います」
セシルの姿を認め、木槌を振り上げたシドに向かって、副長は憮然と注意を促した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。