一節 刻む足跡20


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……すまん、ちと気が急いてしもうた」
英霊たちの眠りを妨げた非を認め、棺の群れに向かってシドが頭を垂れる。彼が神妙にするのは珍しい。
「それにしたって急ぎすぎだよ。あと2日はかかるはずだろう?」
エンタープライズ号の儀装にかかる時間は、あらかじめシドから告げられていた。こういうことに関して、彼の予測は外れたためしがない。まして、整備に手を抜くようなことは絶対にない。
「なんせ、あの子らの命がかかってるんじゃからの。ワシらも気張ろうというものじゃ。
 まだ細かいのがちと残っとるが、ミシディアまでなら十分飛べるぞ!」
「ミシディア? あの子たちって、まさか……パロムとポロム?」
「そうじゃ! あの耄碌ジジイ、昨日になっていきなり言い出しおってからに!!」
「お静かに」
「……すまん」
どうやらシドは、徹夜の果ての興奮状態にあるようだ。はじめのほうこそ声を潜めていたが、すぐにいつもの怒鳴り声に戻ってしまい、再び副長に諌められる。
セシルもまだ事情は飲み込めないが、双子を救う可能性がミシディアにあるらしい。それならば、一刻も早く飛び立つことに否はなかった。詳しいことは、後でテラにでも聞けばいい。
「今行くよ。皆は?」
「もう乗り込んどるよ。あとはお前さんだけじゃ」
「わかった」
副長への挨拶も忘れ、セシルはすぐにも上に戻ろうとした。しかしなぜか、足が動こうとしない。
それどころか全身に痺れが走り、指先すら満足に動かせなかった。
『……………セシル……………』
奥から──死せる勇士らのつくる列の先、薄闇に沈む通路の向こうから響いてくる声が、セシルの自由を奪う。
どこからともなく風が吹き始めた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。