四節 これから8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「じゃあ、この場を引いてくれるだけで良い」
「ふざけたことを!」
セシルの説得を弾くかの様に脚からの技が旋回する。
その攻撃はセシルの顔をかすめる。
「!」
それだけでも外れたとは思えないほどの威力だ。セシルは小さな悲鳴を漏らす。
「ならば!」
太刀を横に薙ぎ、何とかヤンを後退させる。
同時に自分も後方へと下がる。距離ができた。
接近戦に持ち込まれなければ多少の余裕は生まれるであろう。その間に体力を回復しつつ、策を練ろうという
企てであった。
しかし、セシルは誤算をしていた。モンク僧は遠距離に於いても攻撃の手段を持っていることを……
ヤンは地面を蹴り、勢いをつけ脚を前面にして飛びかかってくる。
威力こそ通常の蹴りに比べると落ちるが、加速をつけたその攻撃の効果範囲は広い。
生半可な回避行動では逃げ切れないであろう。
迷っていては駄目だ!
覚悟を決めて強襲するヤンを剣で迎え撃つ。
防御しても今のセシルにはマイナスに働くだけだ。それならばいっそ打って出よう。そう判断した。
咄嗟の決断であったが、一応の成功を成した。
剣先を振るった一撃にヤンは直撃し、大きく後ろへと跳ね返った。
「やっとやる気になったようだな……」
受けた傷を抑えつつ、顔に笑みをつくる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。