四節 これから9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ヤンとはやり合いたくはないが……迷うだけではだめだ」
「そうでなくてはな」
理由はどうであれ、親愛なる友と剣を交えるのは誰にとっても耐えきれない事である。
カインの時も相当の決心をしたが、まだ万全でなかったのかもしれない。
だが、あれからの短期間の間、自分には目まぐるしいことの連続であった。
その中でセシルの想いも数多くの交錯を経て、変化があった。
迷うならば戦うな。それが、どんな相手でも。以前の様な負け方は決してしてはならない。
だが、目前の敵を単純に退けてはだめだ。
試練を乗り越えた自分にならあるいは……
攻撃は相変わらず厳しかったが、迷いを忘れ全力で立ち向かうセシルには不足はなかった。。
連撃には堅固な守りで対応し、一撃の重さに賭ける。実直な一撃は迷いの太刀とは違い、正確さがある。
「さっきとは別人のようだな!」
攻撃をやり過ごしながらもセシルは反撃をする。
描かれた剣閃がヤンの鋼の肉体を掠める。
「はは……いいぞ! いいぞぉ……!」
ヤンの技は確かに厳しかったが、戦う中、一つの変化が見られた。
最初は漫然の怒りと殺気があったが、それがだんだんと薄れつつあるのだ。
もしかするとこうしてぶつかり会う事で、かつてのヤンを取り戻せるかもしれない。
そのような確信を持ち剣を振るい続ける。相手の憎しみは殺意だけを断ち切るかのように……
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。