四節 これから24


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3人がかりの治療が功を奏し、無事ヤンの傷はふさがった。とはいえ、既に流れた血まで消えるわけではないので、一見すると相変わらず深手を負っているように見える。
だからだろうか、なおも懸命にケアルラを唱え続けるつづけるポロムの肩に、テラが皺深い手をおいた。
「もうよい」
「私ならば大丈夫だ。ほら、この通り……」
テラの、そしてヤン自身の制止も無視して、ポロムの呪文が完成する。
「ケアルラ!」
小さな掌から光の粒があふれ出る。だが、無残に裂け乾いた血の色に染まった道着の下に、もはや癒すべき傷はない。
無意味に放出された魔力が宙に掻き消え、くにゃり、とポロムが膝を崩す。精神力を使い果たしたのだ。テラの顔にも疲労が浮かんでいた。セシルも同様だろう。
ぐったりと目を閉じた幼い白魔道士を、ヤンが抱え上げた。
ほんの数歩先では、トルネドの魔法が生み出した竜巻が未だ猛威を振るっている。風の唸りに混じって、巻き上げられた兵士が崖に打ち付けられる鈍い音が聞こえてくる。
そびえる風の柱に目をやり、大きく息を吐き出すと杖にすがりつつテラは階段を上り始めた。
ヤンとポロムが後に続き、最後にセシルが、呆然と立ったままのパロムの手を掴む。篭手を通して伝わる感触は、いかにも脆く、頼りない。
「……どうして、こんなことを」
問いつつも、双子の行動の裏にあるものを、セシルは半ば察していた。だから、文字通り足を引っ張った彼らを責めるつもりはなかった。
ささやかな、ある事実をここに至るまで彼は見落としていた。
「なんでって、なんでって……
 オイラのほうが聞きたいよ!
 あいつら魔物じゃないじゃんか!」
ミシディアの天才魔道士たちは、これまで魔物以外と──ただの人間と戦ったことはなかった、ということを。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。