四節 これから27


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カイン、そしてゴルベーザの不在が事実だったとしても。シドの居場所がわからない以上、彼ひとりを助け出してそのまま脱出するなど無理な話である。
王との対決はもはや避けられない。その点で、3人の意見は一致していた。
「問題は、どうやって陛下の……
 すまない、バロン王のところまで行き着くか、だね」
バロンの城は濠と城壁で二重に囲まれ、唯一の門は近衛兵が守りを固めている。城の内部にも、親衛隊を初めとする警護の目が光っていることだろう。
王の元に行き着くまでに、セシルたちのほうが消耗しきってしまう。
「抜け道でもあれば話が早いんじゃがの。
 セシル、お主、何ぞ聞いたことはないか?」
「あるにはあるけど、テラが期待しているようなものじゃないよ」
万が一の事態に備え、様々な仕掛けや秘密が城に隠されていることまでは、テラが指摘する通りだった。
しかしバロンの王は、統治者であると同時に最強を謳われたナイトである。落城の危機を前にして、自分だけ助かるための逃げ道を必要としない精神を含めて、そう呼ばれる。
少なくとも、かつては。
「む、失礼」
突然、ヤンが廊下と接する扉を開ける。ティーセットを両手で持ったレッシィが、すぐ前にいた。声をかる前に勝手に開いたドアに驚いて、目を丸くしている。
「……あ、お茶、入りました」
「ありがとう」
四人分の飲料とカップを乗せた大盆をヤンが受け取り、中央のテーブルに乗せた。手の空いたレッシィが、エプロン脇のポケットから折り畳んだ紙を取り出す。
「それとこれ。父から預かりました。
 セシルさんが戻ってきたとき、自分がいなかったら渡してくれ、って」
「シドから?」
セシルは紙を広げた。道具を使って丁寧に引かれた線の上に、びっしりと何かが書き込まれている。シドの筆跡に間違いない。
「見取り図──か? これは」
「バロンの地下水路だ。
 ……城へのルートが記してある!」
セシルの叫びに、横から覗き込んでいたテラが、それ見たことかと唇を曲げた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。