一節 刻む足跡3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「発信準備完了!」
セシル達、全員が甲板に乗り込んだ後、息をつく暇も無く、若い技師のかけ声が聞こえた。
「よし! 発信じゃ!」
シドの声。同時に僅かな振動。
次の瞬間には天かける船は地を離れ、大空へと飛び立ち始めた。
「以前よりも、振動が少ない……」
飛び立つ時、セシルはふと一言呟いた。
以前までの飛空挺は発信時にもっと衝撃が大きかったのだが、それが随分とやわらいでいる。
それから大した時間もかからず、船は上空へと到達する。
「これが……飛空挺か……」
テラが驚いている。何故飛んでいるのかの原理への疑問より、純粋に空を駆る
事実に驚いているようだ。
「親方! 前方より何か近づいてます……赤い翼です!」
突然、一人の技師から声がした。
見れば、同じように空を駆る飛空挺編隊が前方から近づいている。
当然ながら、今この世界で飛空挺技術を習得している国はバロンだけである。
正確には、バロンの技術を知っている者。ゴルベーザ達も含まれる。
「来たか! 早速迎え撃て!」
即座に敵だと理解したシドはそのような指示を出す。
「シド……この船は?」
「ああ……かつての赤い翼の飛空挺から派生したからな。基本的な武装は着いている!」
「だが、あの大群では……」
勝てるのか? と言いたげにヤンが訪ねる。
「安心せい! 機動力はこのエンタープライズが何倍も上だ!」
セシルの心配を打ち消すかのようにシドが声を出す。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。