一節 刻む足跡4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「親方……向こうが……白旗をあげてます……」
「何ぃ……」
誰もがこれから始まるであろう激突に、士気を高めていた所にそんな報が入ったのだ。
シドも思わず声を上ずらせた。
「どうします?」
「むう……」
これにはシドも悩みを要した。
もし本当に降伏をする意図が分からなかったからだ。安易に攻撃を中断でもしたら……
逆に攻撃を食らってしまうかもしれない。
「罠と見た可能性がよろしいのでは……?」
ヤンが言う。
「私もそう思うな」
テラもそう言った。
「そうか……そうだな」
「いや。攻撃を中断してくれ」
半ば、攻撃再開の決断をシドは決めかけた時、セシルが言った。
「本気ですか! セシル殿……」
「ああ」
「ですが……もし罠だったらどうするのです? そうだとすれば私達は……」
「大丈夫だよ」
言って、セシルは段々と大きくなる飛空挺編隊を見た。
「あの船にはあいつが乗っている……」
このような事を敵の中でするのは一人しかいない。セシルは思った。
「あいつ……」
「カイン……君だろ」
セシルはその名を――友の名を呼んだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。