一節 刻む足跡8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

着艦後、シドは直ぐにでも、自分の弟子である、部下達に指示を下し始めた。
トロイアまでの航路をとるには色々と準備がいるようだ。
当然ながら、セシルを初め、ヤンやテラ達には何か手伝える事があるわけではない。
それどころか、邪魔になってしまうかもしれない。
「数日程時間がかかりそうじゃ……すまんが、ゆっくりと休んでおいてくれ……」
テラは、一刻も早く出発したいようで、その言葉を聞いた時は苛立ち気味であった。
最も、いつまでも焦っている事はなく、すぐにでも休息をとる事になった。
テラにもこれからの事で色々思い悩む事もあるのであろう。
ヤンも同じようであった。

そして、セシルにとって、与えられた休息は、大変有り難いものであった。
それは単純な疲れを癒すだけでなく、今の状況や、バロンの変化とその影響を
知る為にも、充分な時間であったからだ。
「失礼するよ……」
そしていま、セシルは城内の一つの扉を叩いていた。
「何でしょう」
返答は間もなく帰ってきた。直後、扉が向こう側から開く。
「これは、セシル……さん」
表れた人物を見て、扉を開いた男は少しばかりの敬意を払ってその名を呼んだ。
「あ、別にそんなに改まってもらわなくても……」
「ですが、あなたがこんな所に来るとは珍しいですから」
こんな所――竜騎士団の詰め所にセシルは来た事はあまり無かった。
「何用でしょうか?」
「あ、少し聞きたい事があって……入れてもらえるか?」
「はい……」
ゆっくりと頷いてから、男はセシルを部屋へと案内した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。