一節 刻む足跡23


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミシディアへと着いた途端、テラの導きにより、セシルは長老のいる場所。
つまりは町の最奥へとそびえる、神殿へと向かった。
「どういう事だ!」
セシルが着いた時には、先に着いていたテラの怒ったような
声が聞こえていた。
「長老は今は祈りの塔の中です。誰にも会うことはできません!」
見ると、奥へと続く階段の前を何人もの女官達が必死に行く手を
遮っている。
「何故だ! ひどく重要な話なのだぞ……」
「決まりは決まりです。例えテラ様といえど例外ではありません……」
女官は目前の賢者相手にも全く動じる事なく冷静に対応する。
「そうか……」
さすがに、その態度にはどうやっても無理だろうと思ったのか、テラは
声を潜める。
「セシル、出るぞ」
そして、身を翻し神殿から外へと退出した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。