一節 刻む足跡26


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(もしテラが待ち続けていれば。置いていくことになるのか……)
飛空挺まで向かう際にふいに考えがよぎった。
それがいいのかもしれない。
これからの戦いでゴルベーザとまみえた時、テラがメテオを使う可能性は
極めて高い。
もしそうなるとすれば、テラは……

試練の山から帰還した際、セシルは長老からテラの過去を聞いた。
それが終わった時、長老は一言だけセシルへと頼み込みをしてきた。
「テラを守って欲しい」
たった一言ではあったが、長老の言葉は大体分かった。
メテオがどんなものかはセシルもわかっていた。そして長老が危惧する理由も。
そして、それは今のセシルに抱えられる程の簡単な御願いでもなかった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。