FF6-リターナ本部5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 歩きながらティナは考えていた。
(大事な人の為に…。
でも、大事な人って、どうやって見つけたらいいのかしら…)


「真剣に考えるのはいいが、悩みすぎると思考の迷路に迷い込むぞ」
 気づくと、すぐそばにエドガーが立っていた。
エドガーはティナと目が合うと、にこりと優しく微笑む。
 この人なら、だすべき答えを知っているかもしれない。
ティナはエドガーにたずねた。
「エドガーは、どうしたらいいと思う?私には、やっぱりわからない…」
「今、ティナに対して、いきなり我々の希望になってくれ、
と頼む事がどれだけ酷い事かは十分承知している。
それでも、我々はティナに考えを無理強いしたりはしない。
それは帝国のやり方と何ら変わりの無い事だからな」

 ただこれだけは覚えておいて欲しいんだが、と付け足してエドガーは続けた。
「ティナがたとえ戦いに加わらない道を選んだとしても、
我々は君を帝国から守る。それだけは揺らがないから、安心するといい」
「でも、もし私が逃げる方を選んだら?エドガー達は困るんでしょう?」
 ティナの言葉に、エドガーは言葉につまった。
と同時に、すばやく計算をめぐらせる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。