FF6-リターナ本部8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「どうして、私がその事を考えているって…わかったの?」
 そうティナがたずねると、マッシュは拍子抜けしたような表情になった。
それを見て、今度はティナが拍子抜けする番だった。
「わかってて言ってくれた…んじゃないの?」
 マッシュは大げさに顔の前で片手を振ってみせる。
「まさか。俺は今思った事を口にしただけさ」
「そ、そうなの…」
 ティナはあっけらかんとしているマッシュの言葉に、ほっと息を吐いた。
 世界の命運さえ関わっている深刻な事態にもかかわらず、
まるでそれを感じさせないマッシュの態度は、
これから重荷を背負おうとしているティナにとって、
逆に心地よいものだった。

「おっと…俺がこんなこと言ってたなんて
兄貴には言っちゃだめだぜ。照れるからなー」
 そう言って笑うマッシュの屈託のない笑顔に、
ティナは無意識のうちに自然と微笑んでいた。
そして同時に、自分の中で徐々に迷いが晴れてきているのを感じていた。
 この人達のことを信じてみよう、そう小さく口ずさむと、
しっかりした足取りで、ティナはバナンの待つ入り口へと歩き始めた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。