SubStory 2 nao chora mais(1)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

偽のバロン王との対決──そしてバロン王国の解放を明日に控えた日のこと。

セシルはヤンやテラと共に、城に入り込む手筈を相談していた。
地下水路の出口から玉座へ至る最短経路。シドが囚われているかもしれない地下牢の位置。
いざというとき、内側から門を開ける方法。万が一にもはぐれた場合の集合箇所。
大筋が決まった頃に、子供たちがいる台所から、何かを打ち付けるような音が聞こえたのだった。
「どうした!?」
兵士が踏み込んできたか、最悪魔物の襲撃かと、あわてて駆けつけたセシルたちの目の前で、激しい争いが繰り広げられていた。
──ただし、恐れていた状況ではなかったが。
「よくもやったな!」
「そっちこそ!」
ひっくり返った丸椅子の向こうで、半泣きのパロムとポロムが取っ組み合いを演じている。杖もロッドも放り出し、互いの髪や服を引っ張り合うのに夢中で、セシルたちには気付きもしない。
「よすんだ、ふたりとも!」
状況が飲み込めないまま、とにかく割って入るセシル。そこへ、
「あんちゃん!」
「セシルさん!」
この上なく切迫した顔の二人が詰め寄った。
「さきほどは申し訳ありません!
 もう平気ですわ、今度からはちゃんとやりますから!」
「さっきのはなんだよ!
 どうして普通のやつらまでやっつけちまうんだよ!?」
「……落ち着いてくれ、ふたりとも!」
セシルの左右から正反対のことを訴えて、困惑する彼を置きざりに、そっくり同じ顔を互いに突き合わせる。
言い争っているのは、多分……いや、間違いなく、昼間の戦いのことでだろう。
セシルらが、魔物ではない、同じ人間と命を奪い合う様に、二人はひどく動揺した。見境ない行動で、全員の危機を招くほどに。
四半日経った今もそれは尾を引いて、双子の意見を真っ二つに切り裂いていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。