SubStory 2 nao chora mais(3)"白"


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シドの屋敷はバロンのはずれ、高台のほとんどを占めている。四方は急激な崖となって落ち込み、さながらさながら天然の物見櫓だ。
ぐるりと周囲を囲んだ塀、その内側にわずかばかりの緑が配され、真上から降り注ぐ陽の恵みを受けている。
ポロムの姿を求め、セシルは心持ちゆっくりとした足取りで、草の上に残る新しい踏み分け跡を追った。
「服が汚れるよ」
「セシルさん……」
蓋をした井戸の上で、幼い白魔道士は膝を抱えていた。間の抜けた呼びかけに反応し、涙で汚れた顔を向ける。
セシルは彼女のそばの地面に腰を下ろし、今しがた通ってきた道を眺めた。
つられたか、ポロムも同じ方に目を向ける。塀に沿って続く茂みは、あまり手入れが行き届かず、方々に枝を伸ばしていた。
追いかけてきたは良いものの、慰めの言葉はまだ見つからない。
セシルは黙ってポロムの頭を撫で、髪に絡んだ葉を取り去った。
「……わたし」
頼りない声でポロムが話し出す。
「まちがったこと言ってません。
 パロムはずるいです。
 いっつも好き勝手して、いっつも魔法を使いたがってるくせに」
か細い声が、次第に刺々しくなっていく。拗ねたような言葉も瞳も、セシルのほうを向いてはいない。
「あんなの、ただのわがままです。
 そんなのいつものことだけど、でも、こんどは遊びじゃないのに。
 ちゃんとしないと、また迷惑かけちゃうのに。
 それなのに、人の気も知らないで……!」
「怒ってるのかい?」
「違います!」
怒ってるだろう、とは言わず、セシルは明るい栗色の頭を自分のほうへ引き寄せた。
セシルの手を嫌がるように、ポロムは激しく首を振って逃れ──そうかと思えば、逆に腕にしがみつく。
「パロムなんか……パロムなんか……」
いつものポロムらしくない、そしていかにも子供らしい糾弾に、すすり上げる音が混じりだし、やがて完全な嗚咽に取って代わられた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。