SubStory 2 nao chora mais(5)"白"


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もう何年前になるのか。おそらく、カインたちと知り合う前なのだろうが。少年とも呼べない年齢のセシルを担ぎ上げ、若き日のシドはまっすぐに指を突き出したのだった。
『ほれっ、いつまでもぐずぐずいうとるんでない。
 陛下のような、強いナイトになるんじゃろ?』
なぜ泣いていたのか、そもそもなぜこの家にいたのか。そうしたことは忘れても、あの日自分を支えていた腕と肩の頼もしさを、セシルは今も覚えている。
そしてこの空の広さも──世界の果てまでやってこいと、手招きしていた真夏の雲も。
「わかる気がします」
突然、肩の上でポロムが言い出す。
「このまま飛んでいきたいって、飛んでいける気がするって……
 この家にお住まいの人が、飛空挺をつくったのって、私、すごく分かる気がします」
「……ああ、そうだね」
生気に満ちた声が、過去に引き込まれかけていた心を、現在へと呼び戻した。
ポロムの瞳は、彼の頭上を通り越し、地平線を見つめている。
きっと以前のセシルもそうだったのだろう。おそらくはシドも。誰かの肩の上で、涙を拭い一心に彼方を眺めたことがあるのだ。
北から東にかけて、ハーヴィーの森に生い茂る木々が風に梢をきらめかせる。
西は一面マディン草原が広がり、そのむこう、雲と地面が接する際で気まぐれに光るのは、大河イストリーの支流のひとつだ。
流れる雲。遥か高みで輝く太陽。ひっそりと白く浮かんだ半欠けの月。
国や人が変わり果てても、バロンの自然はなお美しい。
世代をさかのぼり、ずっと昔から、子供たちは空に呼ばれていた。
「ここで待ってても良いんだよ」
思いもかけない言葉が、ごく自然に、セシルの口をついて出る。
「辛いなら、無理に戦わなくていいんだよ。
 君たちには本当に助けられたし、頼りにもしてた。
 来てくれて嬉しかったけど……」
僕らだけで何とかするよ。そう告げる間にも、首まわりをつかんだポロムの手に力が入る。
セシルは膝を曲げ、彼女に降りるよう促した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。