六節 双肩の意志23


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「馬鹿者がっ! はやまりおって!」
口を開いたのはテラだった。それは此処にいるもの達すべての意志を代弁する言葉であった。
それに相応しく、怒りと悲しみを一気に込めた言葉であった。
「おいっ……お前さんも魔法使いなのだろ! ならばっ、こやつらを速く、元に戻してやれ!」
急かすようにシドが言う。
「じゃ……」
「何?」
「無理じゃ……」
「何だと!」
以外なテラの返答に怒ったように返す。
「この子達は……望んで自らの身を犠牲にした……だから治療魔法も効果がない!」
「では! ずっと……一生このままだというのか?」
「それは……私にもわからん。だが、すぐにという訳にはいかんのだろう……」
悲痛なシドの叫びに対し、随分と淡泊な受け返しであった。だが……
「死ぬのはっ! 死ぬのは、この老いぼれだけで充分であっただろうに!」
床を叩き、テラが叫び出す。
「おのれ……おのれぇ……」
呻き悲しむのは賢者としての無力感。そして、死ぬつもりであった自分以外の犠牲。
「こんな幼子が……」
無念に暮れるテラの傍ら、今まで黙っていたヤンが言った。
「この私が無念をはらず!」
テラが立ち上がり言った。以前にも増しての敵への打倒の意識を感じられる。
其処には半ば、危険な勢いすらも感じさせられる。
「弔い合戦だ!! エンタープライズを出すぞ!」
シドが同調するかのように言った。僅かな時間であったが、無邪気な二人の
今の行動には心動かされるものがあったのだろう。
「皆行くぞ!」
シドが大声で続けた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。