五節 忠誠と野心14


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「それに急にいなくなると二人とも探すかもしれません。まずは私たちも、用事を済ませましょう」
「分かったよ」
まだ納得いかないようだが、渋々パロムは歩きだした。
「あのっ!」
そんな二人を呼び止める声が一つ。
「何か?」
どちらともなくそう言い、振り返る。
「さっきの話、もう一回聞かせてくれる!」
そこには一人の女性がたっていた。そして二人にとって見知らぬ人物であった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。