五節 忠誠と野心19


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「誰だ!」
急に聞こえた足音に看守の男は久方振りかと言った感じで叫んだ。
現に、この場所は当分の間、誰一人として、近づいていない。
彼もしばらくの間は他の人間と会った事も話した事もなかった。
獄中の人間とも最低限の会話しか交わさない。いや、話せなかった。
彼らは、既に生気を失い、虚ろになっていたものが殆どであったからだ。
「ほう……お前さんは魔物ではないのか……ならば」
やがて現れた二つの影……その片方、小柄な男が言う。
「悪い事はいわん……今すぐそこを通してくれんかのお……」
「何をするつもりだ……」
「そこに捕らわれたものを解放するのです……」
もう一人、大柄な男の方が今度は言う。
「何を言っている……捕虜を逃がしたなんて言ったら……私の身に何があるのやら……
彼が恐れるのも無理はない。少し前に脱獄した者がいた。そして、その時の看守はその失態を
王に問われる事になった。
その後、すぐに彼が後任を任されるようになった。それだけで大体どんな事があったのか分かった。
「やはり無理か……」
「そういう事だ……悪いが――」
直後、看守の体に見えない一撃。
言葉も無く、看守は前側に倒れ込む――寸前にそれを一つの腕が支え込む。
「こうするしかないのか……」
支えた主。ヤンがため息混じりに一言呟く。彼の言葉に後悔の色が混じっているのは当然、看守を気絶
させた一撃もかれの所業であるからに他ならない。
「できるだけ衝突は避けたかったのだが……」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。