五節 忠誠と野心21


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ええい……簡単に信じてはもらえんとはな!」
テラが少し、苛立ち混じりに声を発する。
「その声は。テラ様!」
急にそんな声が上がった。
「本当です……何で!」
続く声も同じく、広く造られた牢屋内部の、後方から聞こえた。
だが、その声は、反対派の勢いを押し返す力があった。
「皆さん……その方達は信頼に値する人物だと私は思います!」
中でも一際際だった声。凛とし、透き通る声がテラ達の潔白を証明しようと立ち上がり言った。
すぐさま、沈黙はざわめきに変わった。
「導師さんがいうのなら……私は信じるぞ」
一人の老人が声を上げた。それが決め手になった。
先程躊躇っていた者は勿論、信頼しなかったものまでが、老人の――魔導士の意見に同調し始めた。
まだ、意を唱えようとする者も残ってはいたようであるが、既に少数派である。
勢いを失ったその者達は黙り込んでしまった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。